プラグイン「TinyMCE Advanced」で、エディターをカスタマイズする!

Cocoon

今回は記事を作成する時に重宝するビジュアルモードのエディターのカスタマイズです。

なんのこっちゃ

という方にこちら。

記事を書く画面の上に、こんなのがありますよね。これをエディターといいます。

太字にしたり、フォントの色を変えたり、リンクを貼るボタンなどが並んでいます。これらを利用して記事を書いていくわけですね。

このエディターをカスタマイズできるプラグインが「TinyMCE Advanced」になります。今後記事を書いていくうえで便利になりますので、さっそくインストールしてください。

プラグインのインストール方法がわからない方はこちら
⇒⇒⇒プラグインって何?インストールと有効化の方法

 

スポンサーリンク

【TinyMCE Advanced】をインストールして有効化する

有効化するとエディターの機能がふえていることに気が付くと思います。

 

「TinyMCE Advanced」を有効化する前がこちら

 

「TinyMCE Advanced」を有効化した後がこちら

あきらかに、なにか増えてますよね。ただなくなったボタンもあります。

「TinyMCE Advanced」を有効化にする前にあった良く使うボタン「スタイル」が、なくなっています。これは設定で戻すことができます。

 

「TinyMCE Advanced」の設定

「スタイル」ボタンを加えてみますね。

【設定】→【TinyMCE Advanced】でエディター設定の画面になります。

「使用しないボタン」のなかから使いたいボタンをドラッグすることで使用可となるわけです。

「スタイル」をドラッグしてエディターの中にいれましょう。

これで「スタイル」が使えるようになりました。

続けて自分が今後使うであろう「テーブル(表)」と「背景色」もいれておきます。

みなさんも必要なボタンをいれて、またいらないものは外してカスタマイズして、つかいやすいエディターにしてくださいね。