Cocoon!テンプレートを使って効率化!

Cocoon

今回はCocoonの目玉機能でもある「テンプレート」の使い方。

記事の中で、ひんぱんに出てくる内容ってないですか?

まーた、ここでこの内容を説明せんとだめか~めんどいの~

 

その良く出てくる内容を「テンプレート」に登録しておいて、簡単にはりつける事ができます。

時短になりますので、大変便利です。

特に読んでもらいたい記事に促す内容。収益化が見込めるページへ誘導するような文章などは、テンプレートに登録しておくと便利ですよね。

このブログでは「スタイルシートへコード貼りつけてカスタマイズする方法」のページを、スタイルシートへのカスタマイズがでてくる度にいれたいので、テンプレートにいれる事にしました。

 

スタイルシートへの記述方法はこちらの記事をごらんください
⇒⇒⇒スタイルシートへコード貼り付けてカスタマイズする方
スポンサーリンク

テンプレートの設定

【Cocoon設定】→【テンプレート】

テキストテンプレートの画面になります。

「新規登録」をクリック。

「タイトル」と「内容」を入力していきます。
タイトルは閲覧者様にはみえません。自分の管理用ですので、自分がわかればなんでもいいです。

内容ですが、だいたいは2度目に打ち込む事がでてきた時にテンプレートを利用しようと思います。

なのでコピーして貼りつける形になるのではと思います(もちろん初めからここで作ってもOK)

内容もOKなら、「保存」をおしてください。

 

テンプレートの使用方法

記事作成画面で、テンプレートをいれたい箇所で選択します。

エディターの中にある「スタイルシート」を選択すると、先ほど登録した「スタイルシートの記事参照」がでてきます。

 

入力すると「ショートコード」が記述されます。記事の投稿画面では反映されていませんが、ちゃんと表示されているので安心してください。

 

コピペとテンプレートの違い

 

確かに便利じゃが、コピーして貼り付けるのと、そうかわらんの~

 

ぜんぜん違います!

確かに今後修正する事がなければ、たいして違いはありません。コピーしにいく手間くらい?

もし、その内容を変えたくなったら?変える必要がでてきたら?

そうなんです。10ページに同じ内容を貼りつけていた場合、コピペで貼っていったページ10ページをそれぞれ修正しにいかないといけません。

見落とす記事もでてくるかもしれない。もし違う内容が残ってしまえば、読んでくれる方に大変失礼ですよね。

このテンプレート機能のすごいところは、元のテンプレートの内容を変更すればショートコードを使って記述した内容全てに反映されるのです!

すごくないですか?超便利です。Cocoonはやっぱりすごい!

今回は記事作成時に役立つ「テンプレート」の紹介記事でした。みなさんも活用してくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました